ベストコンディションの維持と熱交換器?メンテナンス - 熱交換器?スケールの優れた洗浄方法とは
  • ベストコンディションの維持と熱交換器?メンテナンス

    産業用として使用されているプレート式の熱交換器では、長年使用していくと汚れの付着、ガスケットの劣化など様々なことが起こるため、熱交換器?メンテナンスを必要とします。

    お客様に相応しい熱交換器のメンテナンス選びであなたの手助けをします。

    プレート式の熱交換器の特徴は、清掃がしやすい点と分解なども行うことができるため、熱交換器?メンテナンスでは洗浄と共に劣化した部品の交換を行う場合もあります。


    産業用に用いているケースでは、常時、稼働状態が常でもあるため、こうしたメンテナンスは欠かすことができず、本来の性能を維持する上では必要なこととなります。ベストコンディションを維持することができれば、障害やトラブルに見舞われることもなく、安定稼働をすることができます。


    熱交換器?メンテナンスを専門に行う企業も存在し、そこでは熱交換器の洗浄はもちろん、性能を維持するための部品の交換まで行ってくれるサービスを展開しています。メンテナンスの流れは外観・目視による検査から始まり、分解して予備洗浄、脱脂槽・洗浄槽浸漬作業を経て本格的な洗浄作業に至ります。
    その後にガスケット貼付、組み立て締め付け、貫通割れテストを行い、最後に完成検査を行う流れになります。



    貫通割れテストでは、プレートが健全であることを証明するためのテストで性能にも響くため、計器を用いることでしっかりと行います。

    熱交換器?メンテナンスでベストコンディションの維持を図ることができれば、燃費などの向上にも貢献するため、ある程度の期間を定めて定期的に行うのが一般的です。