省エネでエネルギーロスの無駄をカット - 熱交換器?スケールの優れた洗浄方法とは
  • 省エネでエネルギーロスの無駄をカット

    産業革命以来、人間が使うエネルギーは遥かに大きくなりました。


    人口も70億を超えたといわれる現在、地球に残されたエネルギー資源は少なくなってきています。
    又、人類の活動が拡大するにつれて環境問題も無視できない程大きくなりました。この問題に対応していく上で、個人でもできて効果が高いと考えられるのが省エネです。

    お勧めの省エネの特徴をご紹介する情報です。

    30年前よりも平均気温が上昇したと言われているように、夏に猛暑日となる日は増えています。

    暑いので家庭でも企業でもクーラーを使う所は多くなっています。


    夏場の電力使用量は一年でも最も大きいもので、これを減らせれば省エネが可能と考えられます。

    まず個人でできるものとして、クールビズがあります。

    日本の夏は高温多湿なので、蒸れやすいスーツは辛いものがあります。
    これを緩めてより涼しい恰好で仕事をすることは、クーラーの使用を抑えることに繋がります。逆に寒い冬は暖かい恰好で仕事をするウォームビズもあり、こちらも個人でできる対策です。他に、電力使用量が少なくても高性能な電化製品を導入する方法もあります。
    電力使用量を減らすことでエネルギーと経済面の両方に優しくなる効果が期待できます。
    又、膨大な排熱が出る場合、その排熱を利用して発電したり、温水として利用することもできます。このように省エネは色々な観点から考えることができます。
    日々の活動においてエネルギーは必ず使うものです。



    無駄遣いを無くし、環境面でも経済面にも優しい在り方を目指す方法として、省エネは大きく寄与するといえます。